ニュースリリース

2017.07.24

JICAマーシャル諸島共和国廃潤滑油のディーゼル燃料化 第一次案件化調査実施

2017年 6月13日より25日までJICAの廃油処理装置案件化調査にて、エイコーエコスパ社、コンサルのアンジェロセックとともに、第一次案件化調査を実施。 少なくともマジュロで2,270 KL、イバイで125KLの廃油が処理できずにタンク内に備蓄されている状況を確認。サンプルを採取し、日本で試験を行い、7月30日から8月15日までの、第二次調査では現地廃油に適合した実験機材を持込み、処理実験を行う。
 

NBK joined 1st mission of JICA’s feasibility survey team for “Making Diesel Fuel From Waste Lubricating Oil” visited the Marshall Islands from June 13th to 25th and found out 600,000gals in Majuro and 33,000gals in Ebeye Waste Oil stocked in a huge fuel tanks without any future disposal solution plans 2nd mission will be visiting Majuro/Ebeye again from July 30th to August 15th to test the actual waste oil with experimental equipment and turned into diesel oil.

お問い合わせ先
  • お問い合わせフォーム
  • info@nbk.co.jp
  • TEL:03-6256-8141
  • FAX:03-5419-2680
アクセス
南洋貿易株式会社 〒108-0073 東京都港区三田1-3-39勝田ビル 5F