ニュースリリース

2017.12.22

廃潤滑油のディーゼル発電燃料化に関する案件化調査」の第3次(最終)現地調査完了 NBK completed 3rd(Final) Mission of JICA’s feasibility survey team for “Making Diesel Fuel from Waste Lubricating Oil”

南洋貿易株式会社は2017年11月5日より19日までJICAからの委託業務「廃潤滑油のディーゼル発電燃料化に関する案件化調査」の第3次(最終)現地調査を㈱エイコーエコスパ(メーカー)、㈱アンジェロセック(コンサルタント)とともに、マーシャルにて実施しました。
本訪問では、現地のカウンターパートである天然資源商業省、TOBOLARコプラ加工公社との間で、来年公募される「普及実証事業」に向けた覚書(MOU)を締結しました。
JICAによる普及実証事業が採択された暁には、マーシャルのマジュロ島内のTOBOLAR社の工場内にパイロットプロジェクトとして廃油処理装置を設置し、将来的に近隣島嶼国に向けて、同装置の横展開を図るプロジェクトに発展させる計画です。
 

NBK Joined 3rd(Final) Mission of JICA’s feasibility survey team for “Making Diesel Fuel from Waste Lubricating Oil” which visited the Marshall Islands from November 5th to November 19th Manufacturer, EICHO Ecospa Corporation, and the counter part of Ministry of Natural Resources and Commerce, and TOBOLAR Coconut Processing Authority signed a Memorandum of Understanding to prepare for a verification survey scheduled next year for the installation of actual Equipment in the TOBOLAR Factory in Delap.

お問い合わせ先
  • お問い合わせフォーム
  • info@nbk.co.jp
  • TEL:03-6256-8141
  • FAX:03-5419-2680
アクセス
南洋貿易株式会社 〒108-0073 東京都港区三田1-3-39勝田ビル 5F